展示会の基本:出展のための基本知識とこぼれ話し


展示会の基本


ブース装飾と展示品の役目の違い

ブースは展示会の入れ物であり華です。
考え抜かれたデザインで装飾されているブースは展示会を周遊しているお客様の目を惹きつけます。
展示品と同じくブースも重要な要素の一つです。
しかし、実はその2つの要素の役目には大きな違いがあるのです。

ブースの装飾は、お客様がブース外から見たときに興味を持たせて人を引き寄せることを目的とします。
什器や・説明パネル・動画・説明員も装飾デザインの範疇で、それらはブースを目立たせるための重要な仕掛けの一つです。

ブース装飾の役目は
・ブースから離れている客や通りかかった客をブース前や中に引き寄せる
・客を長く滞留させ、商品を見る機会を多く客に与える
・ユーティリティ

次に展示品は、この商品を売りたい!買ってください! という広告であり企業にとっては正にここが出展の本意の部分です。
ここをおざなりにするといくらブースがきらびやかで目立っていても何の意味もありません。

展示品の役目は
・展示商品近くにいる客を引き寄せる
・客に商品を理解させ印象付ける
・商品の見込客にする

上記のように役目が重なる部分はありますが、原則として
①ブース外観で引き寄せ
②展示商品で虜にする 

というように役割を分担してブースは成り立っています。
もし、どちらかが貧相なアンバランスなブースになると

・人が近寄らない、集まらない
・興味を持ってもらえない
・見る物がないのですぐに他に移動してしまう

ということになります。
もちろん例外的に商品展示が特別すばらしいものであれば、ブース装飾が貧相でも人は集まる場合もありますが、やはりバランスよくブースの装飾と商品展示は両方きちんとすることが重要です。
しかし、残念なことにブース装飾ばかりに力を入れてしまい、展示品は並べているだけという出展者が非常に多いのが現状です。




問合せ・ご相談は下記より





目次 展示品のコツ 実動デモ機で集客力アップ 実動デモ機FAQ 展示会の基本 製品情報 お客様の声 スタッフ紹介 お問合せ
ページの先頭へ戻る
目次