展示会の基本


出展にかかる費用

出展は見栄えを気にするほどお金がかかります。
知名度のある大規模展示会から会議室で行うような小さな商談会まで色々あるため一概にいくらとは言えませんが、有名展示会で多少のブース装飾と商品展示を行うならば最低2百万円の総予算はみておきましょう。

(場所)
有名展示会を例にとると、展示スペースは1小間(約3m×約3m)と呼ばれる単位を基準として、出展者は必要な小間数分だけ展示会主催者から借りて出展します。
多くの場合、照明も什器も何もない壁で仕切られているだけのプレーンな状態がほとんどです。
場合によっては床に区割のテーピングだけでそれ以外本当に何もない時もあります。
大きな展示専門の会場の場所代は1小間約20~40万円程度が相場です。
地方の小さな展示会・商談会では5万円や10万円という低料金の場合もあり、行政やお付き合い出展などで場所代は「タダ」ということもあるようです。

(ブース装飾)
ブースの見映え(装飾)を良くするために壁・床・照明などの装飾加工を行うと、百万円単位の費用が装飾レベルに応じて追加必要となります。
絵や文字を表示したプラパネルをくみ上げるブースの場合は、おおよそ1小間100万円です。
展示品種目が多い大企業の場合は、多くの小間を使って家のようなブースを数千万円をかけて制作します。
装飾は、やろうと思えばいくらでもお金をかけることができてしまうので、これくらいでちょうどよいという相場はありません。
出展企業がどの程度の見栄えを気にするかで総額が決まるとも言えます。
しかし、ブース全体の見栄えも大事ですが、興味を引く商品展示がないブースはほぼ間違いなく失敗します。
見栄えだけに注力して資金配分しないよう注意しましょう。

(展示品)
説明員がお客様に説明するための商品現物・説明模型そして実演デモ品などの展示品は必須です。
出展企業が展示会で一番アピールしたいポイントなので、とにかく一番注力する必要のある部分です。
ここの投入資金をケチると中身のない中途半端な展示会になり出展は失敗に終わる可能性が大となります。
また、最終製品ではない部品や半製品レベルの商品展示は、テーブルに並べるだけでは集客や見込み客獲得の効果がほとんどないので、できる限り実演型の展示品をそろえるのがコツです。
そして、展示品は次の展示会や営業現場で何度も使いまわしできるように制作します。
社員が制作したものをテーブルに並べて展示する企業も多いのですが、そういう企業の展示品は夏休みの工作レベルのものも多く、お客様には分かり難い・説明しにくい・現場での扱いが難しいことがほとんどなのでお勧めできません。
企業として一番アピールすべき部分なので、展示品はよく考えて印象に残るものを制作する必要があります。

(什器、パネル、パンフ)
1小間レベルだと、什器レンタル代や壁に掛ける説明パネル製作代、チラシやパンフ代などが別にどんなに節約しても10~20万円程度必要です。

(派遣人材費)
イベントや説明のためにそれなりの見栄えがするコンパニオンを使う場合は、3~6万円/人日は必要です。
また、コンパニオンには服などが別に人数分必要です。

(電源、WiFi)
展示会期間中は電源やWiFiは場所代に含まれていることも多いのですが、利用できる電力量や接続数などに制限があります。
足りない場合は追加費用を払うことで増設できることもあります。

(機材輸送費・交通費・宿泊費)
展示会に出展するためには機材類を自社から展示会場まで運ぶ必要があります。
また、展示会関係者の移動や宿泊などにも費用が必要です。



経験ゼロから展示会に出展するには出展予定時期の最低半年前から、できれば1年前からの準備が順当です。
会社としてどの程度の規模にするかを良く考え出展計画時には業者と必ず事前打ち合わせしましょう。


参考 : 興味を引く商品展示とは







デモ展示 展示品のコツ デモ展示で集客力アップ 展示会の基本
ページの先頭へ戻る
目次