展示会の基本


出展にかかる費用

出展は思ったよりお金がかかります。
知名度のある大規模展示会から会議室で行うような小さな商談会まで色々あるため一概にいくらとは言えませんが、まともな展示を行うならば最低でも百万円程度は必要です。

出展での出費項目はおおよそ以下となります。

 場所代、装飾代、展示品製作費、什器代、説明パネル代、人件費、広告費、パンフレット、その他

(場所代)
有名展示会を例にとると1小間は約3m×約3mで、出展者は必要な小間分だけ展示会主催者から借りて出展します。
多くの場合、照明も什器も何もない壁で仕切られているだけのプレーンな状態がほとんどです。
場合によっては床に区割のテーピングだけでそれ以外本当に何もない時もあります。
場所費用は1小間約20~40万円程度が相場です。
地方の小さな展示会・商談会では5万円や10万円という低料金の場合もあります。
中には、行政やお付き合い出展などで出展料は「タダ」ということも。

(装飾代)
ブースの見映え(装飾)を良くするために壁・床・照明などの装飾加工を行うと、百万円単位の費用が装飾レベルに応じて必要となります。
絵や文字を表示したプラパネルをくみ上げるブースの場合は、おおよそ1小間100万円というところです。
大企業の家を建てているかのようなブースは数千万円をかけて制作します。
装飾は、やろうと思えばいくらでもお金をかけることができてしまうので、これくらいでちょうどよいという相場はありません。
出展企業がどの程度の見栄えを気にするかで総額が決まるとも言えます。
しかし、ブース全体の見栄えも大事ですが興味を引く商品展示がないブースはほぼ間違いなく失敗します。
ブースの見栄えだけにお金をかける出展はやめましょう。

(展示品)
最終製品ではない部品や半製品レベルの商品は、テーブルに並べるだけでは集客や見込み客獲得の効果はほとんどありません。
そのため、説明員が説明したり、お客様に商品を理解してもらうためのパネル・模型・動画そしてデモ品などが必須です。
ブース装飾に数百万円かけるなら、その予算から目立つ展示品に百万円かけたほうがよほど見込み客獲得の効果があります。
展示品はほぼ一度きりのブース装飾と違い一度制作すれば次の展示会や営業現場で何度も使いまわしができるので、コストパフォーマンスに優れているという特徴があります。

(什器、パネル、パンフ)
1小間レベルだと、什器レンタル代や壁に掛ける説明パネル製作代、チラシやパンフ代などが別にどんなに節約しても10~20万円程度必要です。

(人件費)
イベントや説明のためにそれなりの見栄えがするコンパニオンを使う場合は、3~6万円/人日は必要です。
また、コンパニオンには服などが別に人数分必要です。

(その他)
展示会期間中は電源やWiFiは場所代に含まれていることも多いのですが、利用できる電力量や接続数などに制限があります。
足りない場合は追加費用を払うことで増設できることもあります。



ゼロから展示会に出展するには出展の半年から1年程度の準備期間が普通です。
会社としてどの程度の規模にするかを良く考え出展計画時には業者と必ず事前打ち合わせしましょう。


参考 : 興味を引く商品展示とは




オンライン営業・対面営業・展示会の強い味方

デモ展示の資料請求はから





デモ展示 展示品のコツ デモ展示で集客力アップ デモ展示FAQ 展示会の基本 製品情報 お客様の声 スタッフ紹介 お問合せ
ページの先頭へ戻る
目次