展示品のコツ


展示会と営業に9倍効く! 実動(実演)デモ機

展示品のコツ 実動デモ機


「展示会に出展した・検討している企業」向けのページです
非常に重要な一般には知られていない情報を記載しています
貴方が関係者ならば最後まで読むことを強くお勧めします
役立てるのか、見なかったことにするのかは、全てあなた次第です
*あなたが展示会に無関係の時は、このページを社内の関係者や責任者に必ず転送してください




(そうだったのか1)
3割だけが知っている

あなたは、展示会の集客上手な出展企業が使う強力な集客方法をご存じですか?

その強力な方法とは 「商品の実動デモ展示」。

「商品の実動デモ」は、展示会でお客様を引き寄せ・つなぎとめるための強力な展示手法の一つです。
商品だけでは理解しにくい商品の使い方や性能をお客様に応用例などで体感・実感いただくことで強い印象を与え、見込客にする手助けを行います。
実際、展示会の実地調査で、実動デモ展示を積極的に利用しているブースは常に人だかりのある人気のブースとなっていました。
調査した結果、驚くことに実動デモ展示の効果は他の方法に対し最大9倍もの集客力(2018年当社調査)があることが判明しています。
実動デモ展示をするブースに人が集まるのも納得の効果です。

展示方式により集客力


では、実動デモ展示を積極的に利用している集客上手なブースは出展全体のうち何割でしょうか。
当社の同調査で、実動デモ展示を利用しているのは全体の3割、そして残り7割が「実動デモ展示 未導入」という結果となりました。
つまり、「3割の企業だけが展示会の集客のコツを知っている」姿が今の展示会の実態です。

7割が非実動デモ

実動デモ機は9倍集客力集客のコツを知る3割の出展者



次は (2/4)「展示品のアピール力の違い」




(そうだったのか2)
展示品のアピール力の違い

具体的に「実動デモ展示」はどのような物を作ればよいでしょうか。
自社商品を使った実動デモ案というのは、その会社の人間にとって考えた事もない・専門外であるため、実はどのような構成や表現が良いのか思いつかないものです。
例えば温度センサーというシンプルな電子部品の展示を考えてみましょう。
以下にアピールレベルに応じた展示の例を示します。

 レベル1(アピール力 超低):(静展示型)テーブルに並べて展示


 レベル2(アピール力 低):(静展示型)商品とビデオや模型の展示


 レベル3(アピール力 低~中の下):(実動デモ型)センサー単品+リアルタイム温度グラフ表示


 レベル4(アピール力 中):(実動デモ型)部屋模型+各部屋のリアルタイム気温を表示


 レベル5(アピール力 高):(実動デモ型)お客様にヘルメットを装着してもらい熱中症の予測体験



よりよい集客と見込客へのアピールには、お客様が体験できアピール力が一番強いレベル5の実動デモが最適です。
ちなみに、前章の3割・7割グループについて各々どのような展示品かというと、3割の集客上手なグループの展示品はレベル3~5が中心、残りの集客に困っている7割のグループはレベル1~2の展示品でした。

従来であれば単品置きしか思いつかないようなものであっても、実動デモ化することで多種多様な見せ方と今までにない強いアピールが可能となります。

展示品の造り方でアピール力が大違い体感体験集客アイデア



次は (3/4)「実動デモ展示のための実動デモ機」




(そうだったのか3)
実動展示のための実動デモ機

実動デモ製作専門企業のヌマタR&Dの「実動デモ機」は、実動デモ展示のために「作動」「説明」「実感」することに特化したレベル3からレベル5に対応する実動デモのための専用機です。
当社の実動デモ機は2011年に初号機が誕生しました。
その当時の実動デモと言えば、重い・大きい・扱いずらい・展示品としては見映えが悪いというPCを使ったデモ主流の時代です。
当社は、当時使われ始めたタブレットを主機として使うことで小型・軽量・操作性の統一などタブレットの優位性を実動デモに取り入れ、より設営しやすくスマートで高度な表現が可能な実動デモを作ることに注力してまいりました。
そして、年々進化するタブレットの新技術を取り入れつつ、従来より高度な表現・制御を行う実動デモ機として8年以上の歴史をもちます。
その特徴は。

 ・高度な画面表現・高精細・アニメーション・3D・リアルタイム動作などが可能です。
 ・電子系商品から非電子系商品まで様々な商品をデモできます。
 ・シンプル構成のため、現場での取扱いが容易です。
 ・小型軽量を生かして営業ツールとしても大いに活用できます。ムダになりません。
 ・従来の一品物ゼロからの完全カスタム制作に対し制作期間と費用の低減が可能です。

2019年現在で、いままでに制作された展示品は大企業を中心に破格の1600セットもの実績があり、展示会・営業用として他に類を見ない実動デモ専用プラットフォームと成長しました。

実動デモ機例
ヌマタR&Dの「実動デモ機」製作例

よりおもしろい、より楽しい、より惹きつける、より印象に残る。 ヌマタR&Dの「実動デモ機」ならば可能です。


3割グループが使う実動デモ専用ツール豊富な利用実績高度な表現力惹きつける



次は (4/4)「実動デモ機の特徴」




「実動デモ機」の特長

商品を準備するだけ

お客様はデモ案詳細を考える必要はありません。商品とPRしたい点をご準備ください。ヌマタR&Dがヒヤリング後に実動デモ案をご納得いただけるまで何度でもご提案します。


企画から製作までワンストップで全てお任せ

ヌマタR&Dが企画・製作・納品・サポートまで一貫対応します。


大規模展示会から営業ツール用まで800種類の豊富な実績

2011年から計1600セット(800種類)納品の実績。大規模展示会や企業の営業現場でご利用いただいています。


タブレットで高精細・動的表現

1600セットの経験を元に熟成されたタブレット専用アプリで高精細・動き・アニメーション・グラフなどの種々の表現を用い段違いの訴求力です。


持ち運び簡単

出展後の営業ツールとしての利用も考えた構成・収納ケース付きです。展示会以外の営業現場やプレゼンテーションなどいろいろな用途でムダなくご利用いただけます。


費用の低減

プラットフォームを元に制作するので、完全一品物カスタム制作よりお安く制作できます。制作期間もより短くなります。


2種類の支払い方法

ヌマタR&Dでは一括全額お支払いコースと毎月定額お支払いコースをご用意。予算に合わせてご検討ください。









お問合せ・資料請求

Q 資料が欲しい、現物を触ってみたい

ご連絡ください。資料をお送りいたします。
お客様に実動デモ機を体感していただくための無料の貸出し用サンプルもご用意しています。
お気軽にご連絡ください。








*本商品は法人・個人事業主様向けです。



展示品のコツ 実動デモ機で集客力アップ 実動デモ機FAQ 展示会の基本 製品情報 スタッフ紹介 お問合せ
ページの先頭へ戻る